DSアディポ ドロドロ血液

ドロドロ血液はほんの少し習慣を変えるだけでサラサラに!

ほんの少し習慣を変えるだけでOKなんです!

 

日常の食事や運動など生活習慣を変えるだけで、肥満は解消し、血液はサラサラで中身から健康な状態になったら嬉しいですよね。

 

 

食事の仕方を変える

早食いと間食を止める

早食いと間食を止める

噛む回数を増やすだけで痩せます! 
脳が肥満を認識するのは、食事開始から20分後で、ひと口を10回以上噛むよう意識すれば食べ過ぎを防げます。

 

噛む回数を増やすだけで、少ない食事量で満腹感を味わえます。

 

 

野菜を最初に食べる

野菜を最初に食べる

血糖値にも効果ありで、空腹時にご飯などの炭水化物を摂取すると血糖値が急上昇します。

 

食物繊維が豊富な野菜から食べればそれを防げます。

 

 

 

大豆食品を食べる

大豆食品を食べる

大豆たんぱくは、コレステロールや中性脂肪の吸収を抑える働きをします。

 

大豆食品は悪玉コレステロール値を下げる効果がありますので、1日一回は大豆の含まれた食品を食べましょう。

 

大豆たんぱくを取るには、豆腐が一番良いとされていますが、毎日、たくさんの豆腐を食べ続けることは難しいですよね。

 

岡部正先生が開発監修したDSアディポ(アディポネクチンサプリ)は、その大豆たんぱくが必要な量がきちんと入っています。

 

 

 

少しだけ運動をする

ウォーキング

ウォーキング

1日7〜8分歩く、まず会社や駅まで少し遠回りする程度、1日7〜8分歩くぐらいから始めてみましょう。
大股の早歩きや階段を利用するなどで効果はアップするし、1日1万歩を目標に、少しづつ歩く歩数を増やしていきましょう。
続けることは簡単ではないですが、習慣化することが大切です。

 

ストレッチ

ストレッチ

テレビを見ながら屈伸、普段は動かさない股関節はふくらはぎを軽くストレッチ。

 

TVを見て、くつろぎながらやれば、毎日の負担にはならないでしょう。

 

 

ちょっと筋トレ

ちょっと筋トレ

腹筋10回こなすだけの筋トレをして筋肉量を増やせば基礎代謝が良くなります。

 

最初は腹筋10回、スクワット10回程度から始めて徐々に増やしましょう。「ながら屈伸」の流れでやってみて、習慣化することが大切です。

 

 

 

生活習慣を少し変える

毎日の生活の中にも、ちょっと意識を変えるだけで血液サラサラになる方法があります。

 

体重計に乗る

毎日、体重計に乗る

自分の体重変化を知ろう、決まった時間に体重計に乗ることを日課に。

 

自分の体重を意識するだけで痩せやすくなります。

 

 

寝る前にモノを食べない

寝る前にモノを食べない

寝る前の飲食は内臓脂肪の原因、基本的に就寝前の3時間は何も食べないこと。

 

食後のフルーツも中性脂肪が上がるので気をつけて、寝る直前の食事は健康と快眠の妨害になりますので空腹でも我慢しましょう。

 

 

アルコールは適量で止める

アルコールは適量で止める

中性脂肪はアルコールからも作られますので、飲みすぎは肝臓を傷めるだけではなく、内臓脂肪を増やす原因にもなります。

 

飲みすぎはご法度で、3日に1日は休肝日を設け、適度な量を楽しむ程度とどめておきましょう。

 

 

 

血液ドロドロと言えば、岡部正が開発監修したEPAサプリ、厚生労働省推奨の1日当たり1,000rを超える1,041mgのEPAを入れている『DSさらさら』

 

ドロドロ血液をサラサラに変える3つの方法

 

 

 

さらに、大豆食品を食べる変わりになるのが、岡部正が開発監修したアディポネクチンサプリ、大豆たんぱくがしっかりと摂れる量をいれている『DSアディポ』

 

ドロドロ血液をサラサラに変える3つの方法

 

 

 

トップページに戻る