DSアディポ 動脈硬化 改善

なぜ血液がドロドロになるのでしょうか?

血液ドロドロで動脈硬化が続くと心筋梗塞などの突然死や危険な病気が発症する事になります。
どのような生活習慣で血液がドロドロになるのか・・・?

 

肥満を解消する

肥満を解消する肥満、とくに内臓脂肪型肥満の解消は、動脈硬化の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症などの改善にも役立ちます。

 

ウエストのあたりが太くなってきたら、内臓脂肪が増えている可能性があります。食生活に気をつける、適度の運動をとり入れるなど、肥満解消に取り組み暴飲暴食は注意です。

 

 

動物性脂肪を減らし、野菜を増やす

動物性脂肪を減らし、野菜を増やす肉類などに多い動物性脂肪をとりすぎると、血液中の脂質が増え、肥満になりやすく、また動脈硬化を促進する原因となります。

 

肉類の食べる量をひかえめにすると同時に、野菜をたくさん食べるようにしましょう。野菜には、塩分を排出して血圧を下げる効用や、脂質の酸化を防いで動脈硬化を予防する効果も期待できます。

 

 

適度の有酸素運動をとり入れる

適度の有酸素運動運動は、肥満解消のほか、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの改善にも役立ちます。

 

ただし、すでに動脈硬化がある程度進んでいる場合には、いきなり運動を始めると心臓や血管に急激な負担がかかり、危険なこともありますので医師の診断も必要でしょう。

 

 

 

筋トレは息を止める無酸素運動になりますので、心配される方は避けておいたほうがよいですね。できるなら全身運動の水泳を適度に行うのが良いでしょう。

 

なかなか外に出て運動する機会がないのであれば、ストレッチをするだけでも効果があります。
コツは呼吸を止めないことです。20分以上続けると体がポカポカと温まってきますので、それを呼吸を続けることで脂肪が燃焼してくるのです。

 

自分の出来る範囲で、無理をせずに毎日運動を継続して行うようにしましょう。

 

 

禁煙を心がける

禁煙を心がける
コレステロールが血管内壁にとり込まれ、酸化すると動脈硬化が促進されます。

 

その酸化を助長するのが、タバコによる活性酸素です。

 

動脈硬化の予防や改善には、できるだけ禁煙を心がけましょう。

 

「主治医が見つかる診療所」の医師推薦の長寿ホルモン成分サプリ【アディポネクチン】

 

血液ドロドロを解消するだけで、心身は若々しさを取り戻す

血液ドロドロ 肥満解消同世代なのに若く見られる人と老けて見られる人がいます。40代になるとその差は顕著。

 

薄毛になったり、太ってきたり、病気になったり…。

 

40歳を過ぎたあたりから、健康診断の結果で『再検査』が増えてきたという人も多いのではないでしょうか。

 

 

「悪い生活習慣によって血管や血液に問題が生じているのでしょう。

 

ドロドロ血液、ボロボロ血管は放っておくと危険な病気の原因になります」と生活習慣病の専門医、岡部正先生は説明します。

 

このような方は、おそらくアディポネクチン値も低いのではないでしょうか。

 

健康診断のオプションで検査することが徐々にできるようになってきたアディポネクチン値のことを皆さんご存知ですか?

> アディポネクチン値とは

 

 

長寿ホルモンとも言われるアディポネクチンは、肥満になると減ってしまい、糖尿病とか心筋梗塞が起こりやすくなるとされています。

 

 

 

ドロドロ血液は命にかかわるので怖いこと・・・

ドロドロ血液改善法

内臓脂肪型肥満目には見えないドロドロの血液やボロボロの血管は、命にかかわる病気の原因となります。

 

特に、肥満の男性は血液ドロドロの疑いがありますので注意が必要です。

 

日本人男性の肥満の傾向として、内臓脂肪が付きやすいのですが、これは血液中の糖分や中性脂肪が高くなる原因になります。

 

その結果、血管をボロボロにし、動脈硬化が起こってくるのです。

 

「いわゆる血液ドロドロとは、血液中の中性脂肪が増えたり、コレステロール値が異常な状態。
血液の壁に悪玉コレステロールが蓄積していき、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因になります」

 

 

血管だけではありません。肝臓に脂肪が沈着して、脂肪肝になると、肝硬変や肝臓がんになるリスクが増大します。

 

これを改善するには、内臓脂肪を落とすことです。

 

肥満を解消すれば、自然と数値は改善していき、いわゆる生活習慣病のリスクを低くすることができます。

 

>長寿ホルモン成分サプリ【アディポネクチン】

 

 

トップページに戻る